サプリ

不足しがちな栄養を補給

日本人の食生活はとても豊かで、食べたいものはいつでも手に入るような環境が整っています。
そのためどうしても自分が好きなものばかり口にする偏食傾向の方が増えています。
野菜や魚が苦手だから、お肉ばかり食べているという方も多く、栄養が偏った食生活を続けているため体調の異変を感じる方が多くなっています。
日常生活ではどうしても足りない栄養を効率良く補うために役立つのがサプリメントです。
サプリメントには様々な栄養素が凝縮されており、手軽に栄養補給できるメリットがあります。
どうしても野菜が苦手な方はビタミンが不足しがちなため、ビタミン類を効率良く補給できるサプリメントを活用すると栄養バランスを調整できます。
サプリメントを栄養補給に使う場合は、正しい活用法を実践しましょう。

参考:サプリメント・健康食品の使い方

サプリメントは万能ではない

サプリメントを活用する前に覚えておきたいのは、あくまでも普段の食生活で補いきれない栄養素を補給するものだと考えることです。
例えば普段は野菜を全く食べずに、お肉ばかり食べている方はどうしてもビタミン不足が気になるものです。
そこでサプリメントでビタミンをしっかり補給していればバランスが取れるから安心できると考える方が多いですが、これは大きな間違いです。
あくまでも基本は普段の食事で栄養バランスを考えて栄養素を補給するのが理想です。
短絡的にサプリメントさえ補給していれば大丈夫と考えるのではなく、なるべく栄養バランスの取れた食事を目指してください。
どうしても足りない場合はサプリメントの力を借りるというつもりで活用しましょう。
普段の食生活で栄養バランスがしっかり取れているなら、無理にサプリメントを活用する必要はないと考えましょう。

サプリメントは医薬品とは異なり、飲んでいるからといって何らかの疾患が治癒するようなものではありません。
ビタミンCをサプリメントで毎日補給しているから風邪をひいてもすぐ治る!と思い込んでいる方もいますが、大きな間違いです。
健康を維持するために役立つ栄養素を効率良く補うことができますが、何らかの病気が疑われる場合は速やかに医師の診察を受けてください。

サプリメントの質を考える

日本では色々なサプリメントが販売されており、アメリカでは日本よりも更に多くのサプリメントが販売されています。
自分にはどの栄養素が必要になるのかをしっかり見極めなければいけませんが、サプリメントの品質が悪い粗悪品も存在しているため注意しましょう。
原材料に何が使われているのか、製造している工場ではしっかり品質管理が行われているかなど様々な観点からサプリメントの品質を見極めましょう。
良い商品であっても、すぐに体調が改善されるものではありません。
しばらく継続しなければ良い結果も出にくいため、最低でも3ヶ月から半年は続けて使ってみましょう。